環境への取組み

スペーサースペーサー地球環境を認識して、 環境と調和したクリエーションを通して、持続可能な社会の実現に貢献します。弊社は2009年の廃業した旧酒造所を地域資源として活用した文化村プロジェクトとともに始まり、以来クリエーション事業、体験事業を通じてリデュース、リユース、リサイクルに取り組んでいます。

埼玉県の旧中山道沿いの廃業した酒造場の建造物群の再活用した文化村の取り組みと出会い、応援したい目的で、2009年ななつゆめ実行委員会のちの合同会社ななつゆめを立ち上げました。その後蔵を活用した映画館を中心に文化村として、疲弊した旧市街地の新たな発信拠点として注目をされています。弊社ななつゆめはこの敷地のかつての日本酒ブランドである旧七ツ梅を意識したものです。薄暗い廃屋の一角で始まったななつゆめは、眠れる空間資源の再活用、使い古しの酒袋の再利用、樽丸の端材を利用した割り箸のプロジェクト、残り物である酒かすのプロモーション、風呂敷を活用したエコバックなど取り組んで参りました。リデュース、リユース、リサイクル、もったいないの考えはインバウンド向けのラグジュアリーなギフトクリエーション、日本の体験企画の土台となっています。今後も邁進していく所存です。