体験







日本茶体験プログラム
茶農家や茶商がお茶づくりに取り組む現場を訪れ、日頃はなかなか目にすることができない空間や、日常からは少し離れた環境の中で、本場のお茶や人との交流をお楽しみいただける体験を提案いたします

静岡体験プログラム
日本茶、わさび、メロンなどエメラルド色の輝きを放つ静岡での本物の体験を提案いたします。





日本酒体験プログラム
様々な日本酒体験のご要望にお答えします。
フルオーダーで創るお客様オリジナル体験をサポート。『行先だけが決まっている』『「日程だけは決まっている」、「予算は決まっている」というところから、形作りからお手伝いさせて頂きます。

[蔵人体験 – 日本酒造り体験]
泊まり込みで酒造りの体験がしたい、短時間の蔵の見学、都心部で杜氏などエキスパートの日本酒のテイスティング、日本酒ギフトや日本酒のストーリーに溢れたギフトなどご要望に合わせ、きめ細やかに対応、提案させていただきます。「オーダーメイドの日本酒体験」。心に残る体験を提案いたします。何なりとご相談ください。可能な限り、お客様のご要望にお応えします。




京都プログラム
Our program are not inexpensive, but excellent value, because you can see much more of Kyoto in one of our tours than most visitors will see in days on their own. And we have access to traditional industries, whose doors are not open to the public, allowing our clients to meet the key players in Kyoto,the birth place of Japanese tradition.You can see Kyoto from an insider’s perspective and meet the people who make Kyoto what it is, whether in fields of art, architecture, history, cuisine, Sake, fashion

 

 


関東、関西の酒造会社で泊まり込みの日本酒造り体験、東京や大阪の都心部で日本酒テイスティングとレクチャー、

K0010948

北米V大学40名向けに日本酒体験。蔵の内外ガイドツアー、酒造会社社長のマーケティング、経営戦略についてレクチャー、酒テイスティングを実施。

北米弁護士グループ向けに都心のホテルにてプライベートテイスティング

北米の旅行業界関係者向けに寺院にてプライベートテイスティング




欧米から個人の旅行者向けに各種日本酒体験を通年で実施。

 


[大仏と乾杯!Buddha-Bar]

リアルなブッダバー体験企画。木彫で世界最大と言われる大仏参拝とテイスティング。大仏の普段非公開の見学ツアーに続き、大仏横のお座敷にて老舗酒造会社の社長か杜氏をホストに様々なお酒のテイスティングとレクチャー。
場所 京都市内

その他にも奈良、静岡、兵庫にて[大仏に乾杯]を拡大中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
取材旅行、取材協力
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

image

アジアを代表するMICE専門マガジンで紹介された日本酒体験の記事。

fa06p

香港の代表的な新聞AppleDaily紹介された日本酒体験の記事と映像。

ドバイ、カタールの新聞、ファッション雑誌の日本酒ありアートあり取材旅行アレンジ。
フィリピンセブ航空機内誌スマイルの日本酒記事の取材協力
その他多数、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ギフトクリエーション
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[美術家川島亮子氏の御猪口をベースにしたプロジェクト]

[ヴィンテージ酒袋かばん]
外資旅行会社のラグジュアリー向けの通年の旅行アメニティ

創業150年の及ぶ酒造会社で40年ほど前まで使われていた酒袋は江戸時代に始まり20世紀初頭まで,濁り酒の糀を漉すために使われていた酒造りには欠かせない道具でした.酒作りの職人が防水性,耐久性を維持して強固な酒袋にするため柿渋を何度もくり返し塗りました. 柿渋は渋柿の果実を砕いて絞った日本の伝統的な天然の耐水顔料です.名酒を作る道具として何十年も使われてきた存在感をご愛用ください.

IMG_2672 (1)

[吉野お箸、酒のストーリーブック付き]外資旅行会社のギフト

吉野杉は、日本三大美林の1 つとしても有名で、その耐久性や強さ、美しいツヤは、古くから人々に愛される。特に吉野の下市は江戸時代に吉野杉で作られる酒樽の余材を利用した割り箸を産物で「わりばしの発祥の地」でも知られる。現在も、植林された吉野杉の原木を、建築製品等に製材した後に残る外側の利用度の少ない部分だけを利用して、吉野杉の美しさを損なうことなく作られる。